俺たちの働き方革命

目標というのはアメーバリーダーに不可欠な目標でもあり、月が開始される前に、1カ月でどの程度の数字を遂行させるかを、採算表の各項目の数字を具体的に決めて書き込みをしていきます。

 

マスタープランの成し遂げるに向けて、リーダーは自ら月次予定を立てていき、しかもメンバーの知恵をどんどんと結集し、目標成し遂げるに導きます。

 

そのような誤差をすり合わせさせるには、「予定」と実のところの収入とコストである「実績」の「差異」をいつも参考にしていき、そのきっかけになる事と対策を吟味します。

 

いわゆる働き方革命として挙げられるアメーバ経営におきましては、前もってに決められている各部門の年間の目標数値を実現するところから始まります。

 

この全社的な年間目標数値は、「マスタープラン」と俗には呼ばれています。

 

ただし、突然の支出が生じてするなど、最初「予定」していた範囲内で経費が不足する事もあるかと考えます。

 

マスタープランというのは、経営者本人が「企業をここまで進化させていきたい」といった今後的な方針を判断するところから始動し、部門長クラスで現場リーダーの意向を聞き、得心と了解を得つつ経営陣の押し付けになる事の無いように策定をしていきます。